【味かね食堂 ビーマカレーと揚げ餃子】切ない思いを握りしめ、こみあげてくるしょっぱい涙は最後の味付け@武蔵小山(閉店)

おなか、すいてますか?
庶民並の舌と胃袋をもつ男・よしよしです。

 

はぁ〜、諸行無常とはこのことですか…。

 

⭐️会いたくなったとき、君はそこにいない 餃子の思い出

先日、閉店してしまった野田の「やよい食堂」の思い出ブログを書いたところですが、昨日、またしても名店が閉店してしまいました。

 

武蔵小山の「味かね食堂」は、場所柄、芸能人もよく訪れ、また、早朝5時?まで営業してたので、深夜ドライブの際、行ったことがありました。

 

ビーマカレーと「チョモランマ」と呼ばれるテラ盛りライスが有名で、筆者も深夜にビーマカレーを食べたのでした。

 

申し訳ありませんが、カレーの味はそんなに覚えてないんです。名物なのに…。たしか、ビーフとキーマのハイブリッドカレーで、そんな名前がついたのではなかったでしょうか。

 

そんなことはどうでもいいんです、どんな理由があろうと、名物であろうと。そのカレーの記憶を完全に消去してしまうくらいおいしかったのが、トッピングした餃子でした!

 

 

餃子といえばラーメンのお供ですが、ラーメン屋でも、こんなにうまい餃子は食べたことがないってくらいの味なでした。

 

餃子を素揚げしてあり、食感は「カリッ!」からのサクサク。
そして、餡に歯が達した直後に、「じゅわわわ〜〜ン」と舌に芳醇すぎる肉の香りと汁がほとばしるんです!

 

 

ニラたっぷりで、座るとワンコ餃子状態の亀戸餃子も、小岩の飲み屋街に、餃子がうまいと評判のラーメン屋の餃子も、小倉で食べた羽根つき餃子も、どんな餃子も、カレーライスにトッピングされたこのみっつの揚げ餃子には、勝つ要素がまるでない程度の餃子なのでした。

 

残念ながらその「味かね食堂」は、昨日で閉店となってしまったようです。せめて、あのカレーと餃子は、スタッフのどなたかが別の店で継承していただければと思うところであります。

 

⭐️おいしい餃子のお取り寄せ

ということで、本日のご案内は「餃子」です!
味かね食堂のあの餃子に勝るとも劣らない餃子は、果たしてあるのでしょうか?

 

「餃子 お取り寄せ」で検索してトップヒットしたのはココ!
「餃子の王国」では、肉も野菜も国内産の肉汁餃子を、熊本から全国に直送しています。

 

お値段も72個入りで2390円(送料込み)って、かなりお安いのではないでしょうか⁉️

 

そして、二番目にヒットしたのが、「餃子の馬渡 楽天市場店」でした。

 

 

こちらは宮崎の餃子の街・高鍋町で作られていて、もちろん、素材は国内産です。20個1380円(送料込み)から100個4500円まで様々あります。

 

そして、筆者はあまりテレビの情報はあてにしてないんですが、おとりよせネットこんな餃子ランキングがありましたので、あくまでも参考に、参考程度にしてみてください。

 

はぁー、はらへった。。。
今日は揚げ餃子にルービーでいこうかな。